1. 福岡の賃貸 キラリブ TOP
  2. 暮らしのコラム
  3. 【1LDK】1人~2人快適に過ごす工夫

2020/05/08

【1LDK】1人~2人快適に過ごす工夫

こんにちは(^^)/
部屋探しを行う際に重要なポイントとして、家賃や立地とともに間取りがあげられます。
中でも、どんな部屋の間取りを選ぶかは、住む人のライフスタイルによって変わってきます。
そこで、今回は1LDKでの生活の魅力を考えていきたいと思います。

Kiraliv(キラリブ)では、「福岡」や「賃貸」について豆知識をご紹介していきます♫
ぜひ、福岡での暮らしを充実して頂くためのヒントにしてみて下さい(*^^*)

ひとり暮らしの1LDKは充分な広さ

ひとり暮らしのスタートは、1Rや1Kのお部屋を借りる人が多いと思います。
なぜなら、家賃を比較的安くおさえる事が出来るからです。
しかし、食事や睡眠といった生活に関わることすべてを1つの部屋でしなければいけません。
間取りは生活スタイルに大きな違いが生まれるため、しっかりと特徴を押さえることが大切です。 そこで、ワンルームよりも少し広い部屋に住みたいと考えている人の選択肢となるのが1LDKです。

また、女性は、洋服やバッグ、靴などの物がたくさんあるので収納に困る傾向があります。
1Rや1Kの部屋は、収納スペースも小さくなりがちですが、1LDKのお部屋は1Kに比べると、
家賃は高くなりますが、収納スペースが広めに確保されているケースが多いです。
マンションごとに異なりますが、1LDKのお部屋にウォークインクローゼットがある場合もあります。
その為、別に収納ケースを買うといった手間も省け、お金の節約にも繋がるのではないでしょうか。

その他にも、部屋数が増えると、生活スペースを別にすることが出来ます。
食事と睡眠の部屋を別に出来るのも1LDKの魅力と言われています。

ふたり暮らしの1LDK生活

同棲でふたり暮らしに向いている間取りとして挙げられるのは、1LDKと2DKです。LDKはリビング・ダイニング・キッチンの略で、DKはダイニング・キッチンの略です。

1LDKのふたり暮らしは自分の部屋を確保することは出来ません。
新婚さんや仲のいいカップルさんにとっては寝食と共にすることで、
さらに仲が深まるのではないでしょうか。
しかし、ケンカした時も同じ空間にいなければいけません。
ですので、マンションの近くにカフェなどのお店があると頭を冷やしに行けるのでオススメです♪

子供が歩けるようになるまで、1LDKで暮らしている人も多くいます。
それまで少しでも貯金をして、マンションや一戸建てなどの購入を目標にしているのです。
ひとり暮らしにとって1LDKは広い空間になります。
しかし、ふたり暮らしの人には広いと感じることは少ないかもしれません。
1LDKの間取りを選ぶカップルは、お互いの愛情を深め合いたいと思っている方が多いようです。
また、寝室とリビング、そしてキッチンと居住空間をしっかり区切ることで、ふたり暮らしでも快適な生活を送ることが出来ます。

収納スペースに悩んだときは、ベッドに収納が付いている物を選ぶなどの
工夫をするようにしましょう。

最後に…

1LDKのおすすめインテリアレイアウト

1LDKは、居室ひとつにキッチンとリビングを加えた間取りです。
ひとり暮らしであれば十分のんびりと出来る間取りですが、
ふたり暮らしとなるとお互いにゆったりと出来るスペースを意識して設けなければなりません。
おすすめのインテリアレイアウトをご参考に、同じ空間を快適に過ごしませんか♪


■おしゃれなカフェをイメージ
カウンターキッチンがある場合、そのそばにダイニングテーブルとソファを椅子として組み合わせることで、一瞬にしてオシャレなカフェのイメージを醸し出すことが出来ます。その際に低めのテーブルと低めのソファを使えばお部屋全体が広々とする印象を受けるため、解放感を求められている場合はぜひともご参考下さい。

■第二の寝室を作る
ソファはよくリビングに採用されますが、それをソファベッドにするインテリアもあります。
第二の寝室を作ることで、パートナーが風邪などで体調を崩してしまっても
落ち着いてご自身の身体を休める事ができるのです。
二人共床に伏しては元も子もありませんので、
これは合理的なインテリアデザインの1つと言えるでしょう。

Kiralivでは、初めてのお部屋探しを全面的にサポートいたします☆
小さなことでも大丈夫、まずはお気軽にご相談ください!

ご希望の条件をいただければ、
あなたに代わってお部屋を探し、ご提案いたします。

プロに相談する

LINE お問い合わせ
電話
問い合わせ
メール
問い合わせ
LINEで
相談する